ホームサイトマップ
トピックス
理事長挨拶
財団のあゆみ
組織・財務
顕彰コーナーの紹介
財団アラカルト
お問合わせ
私の名品コーナー
リンク

文字サイズ 大 中 小
ホームトピックス|梅の香りに魅せられ見物客で賑い始める=太宰府=
トピックス
2011年02月21日

梅の香りに魅せられ見物客で賑い始める=太宰府=

九州北部地方にもようやく春の兆しが訪れ、梅の名所の太宰府天満宮の梅もちらほらと咲き始め、境内は早くも梅見客で賑い始めました。

本殿前の飛梅はすでに7分咲きで、対になっている遅咲きの皇后(きさい)の梅がほころびるのを待っています。
 
七分咲きの飛梅(2月21日現在)
まだ蕾の皇后の梅(2月21日現在)
天満宮境内には200種6000本の紅白の梅の木が所狭しと植っており、全体的には例年より2週間も遅れています。
見頃は3月中旬になりそうですが、既に梅の香りは境内に漂い始め、青空の下で散策する人の数が日に日に増えています。
 


九博ではこの梅の時期に合わせて、3月15日(火)から5月22日(日)まで京都萬福寺の名宝を中心とした日本三大禅宗の一つ「黄檗展」を開催することにしています。
 
九博構内の梅は満開(2月21日現在)

ページトップへ