ホームサイトマップ
トピックス
理事長挨拶
財団のあゆみ
組織・財務
顕彰コーナーの紹介
財団アラカルト
お問合わせ
私の名品コーナー
リンク

文字サイズ 大 中 小
ホームトピックス|花と緑と水に覆われた太宰府
トピックス
2012年06月12日

花と緑と水に覆われた太宰府

        
 天満宮を中心とした太宰府地区は、初夏の花の菖蒲にあじさいが今が盛りとばかりに咲き誇っています。

 菖蒲池には、鉢植えされた3万株の菖蒲が水面に色鮮やかな紫やピンク系の花弁を映し出しています。

 太鼓橋のたもとにはあじさいが植えられ、空梅雨気味の天候をうらめし気に雨を待っているかのようです。
 


      
 菖蒲池は今週の土日も夕暮れから9時頃までライトアップすることにしており、池の周辺の茶屋では、酒や料理を片手に夜の光に輝く花菖蒲客でにぎわっています。
 


   
 福岡都心から30分程の距離で都会の喧騒から脱れられる太宰府は、今花と緑と水に囲まれ、やわらかい空気が全体を覆っています。

 そうした中、九博では現在は特別展は休止中ですが、7月10日から「十五人の京絵師」展として5年ぶりに若冲を迎えることにしています。
 


ページトップへ