ホームサイトマップ
トピックス
理事長挨拶
財団のあゆみ
組織・財務
顕彰コーナーの紹介
財団アラカルト
お問合わせ
私の名品コーナー
リンク

文字サイズ 大 中 小
ホームトピックス|九博界隈、例年より遅い秋の訪れ
トピックス
2014年11月10日

九博界隈、例年より遅い秋の訪れ

                       
 太宰府天満宮境内で大相撲の伊勢ヶ濱部屋の上り旗がはためく11月になると、九博界隈は肌寒さとともに周辺の木々も一斉に色付いてくるのが例年のならわしです。

 ところが今年は暖冬の長期予想もささやかれているせいかまだ紅葉は一足早く、街路樹もポツンポツンと色付いている程度です。
 

太宰府界隈
                         
 太宰府地区最大の紅葉の名所“光明禅寺”も今はまだ3分程度ですが、それでも訪れた外国の観光客は満足気に見入っていました。

 天満宮は七五三の本番を直前に着飾った女の子を連れた家族連れなどで賑わっています。
 
光明禅寺境内
天満宮太鼓橋上で
               
 九博も周辺の木々は点々と色付いていますが、まだ本格的な紅葉は一週間程早いようで、朝夕の冷え込み次第でその時期は決まりそうです。

 九博で開かれている「台北國立故宮博物院展」は今月いっぱいですが、アジアで初めての台北故宮展だけに、中国5000年の王朝の重厚な歴史と威厳を一目見ようと会期末が迫るにつれ関心を高めています。
 

故宮展の入場券を求めて
ページトップへ