ホームサイトマップ
トピックス
理事長挨拶
財団のあゆみ
組織・財務
顕彰コーナーの紹介
財団アラカルト
お問合わせ
私の名品コーナー
リンク

文字サイズ 大 中 小
ホームトピックス|太宰府の桜も真っ盛り 早や!楠と菖蒲の新芽が待機
トピックス
2015年03月31日

太宰府の桜も真っ盛り 早や!楠と菖蒲の新芽が待機

                 
 連日の好天で太宰府地区の桜は真っ盛りです。

 梅の木が圧倒的に多い天満宮の境内では桜の木は稀で、これからは楠の新芽が巾を利かせて来ます。

 又名物の菖蒲池でもコンクリートの鉢植えの花菖蒲が“忘れていませんか”と言わんばかりに青い新芽を見せ始めました。
 


              
 天満宮に比べて九博の構内にはあちこちに桜の木が植えられており、短い命を精一杯振りかざして周囲を賑わしています。
 


           
 太宰府周辺の桜の命は今週一杯の感じで、政庁跡や竈門神社が最大の名所です。

 九博では4階の常設展で「柿右衛門展」がこじんまりと開かれ、玄人に人気を博しています。
 
九博東側駐車場入口ロータリーの桜

ページトップへ