ホームサイトマップ
トピックス
理事長挨拶
財団のあゆみ
組織・財務
顕彰コーナーの紹介
財団アラカルト
お問合わせ
私の名品コーナー
リンク

文字サイズ 大 中 小
ホームトピックス|新緑の萌える緑から初夏の装いに
トピックス
2015年05月13日

新緑の萌える緑から初夏の装いに

                       
               
 新緑の若芽が萌え盛った4月に比べ、ゴールデンウィークが過ぎた太宰府地区の今の木々は、濃い緑色に変身し、周辺の森の風景は暑い夏に耐える準備に入ったようです。
 
 天満宮の心字池の周囲の楠の大木も、初夏の装いを強めています。
 


                
 菖蒲池の花菖蒲はまだ花をつけていませんが6月早々には夜間の照明も点け、1年1回の見せ場を作る事にしています。

 池の周りの梅の木は、大きな梅の実を付け、今年の豊作ぶりを示しています。
 


                 
 九博は「戦国大名展」で、日本のものづくりの原点ともいえる命懸けの武具や息抜きの茶道具等の技術の粋を凝した展示会で賑っています。

 修学旅行シーズンでもあり、全国各地から見学に訪れた中高生たちで活気を呈しています。
 


ページトップへ