ホームサイトマップ
トピックス
理事長挨拶
財団のあゆみ
組織・財務
顕彰コーナーの紹介
財団アラカルト
お問合わせ
私の名品コーナー
リンク

文字サイズ 大 中 小
ホームトピックス|雪の太宰府には風情たっぷり
トピックス
2016年01月19日

雪の太宰府には風情たっぷり

        
 日本列島が大寒気団に覆われ、日本中雪と風に悩まされていますが、太宰府地区も昨夜からの寒波の影響で雪がうっすら積もり九博も風情ある姿を見せています。

 この冬一番の寒さとあって積雪も2〜3cmに達し、小さな雪だるまを作って飾るなど、南国の雪景色はご愛嬌たっぷりです。
 


       
 館内では今、「黄金のアフガニスタン」展が開かれていますが、内戦とテロで疲弊したアフガニスタンにこれ程の金銀の秘宝が保存されていたのかと、観覧者は驚きの声を上げながら見入っています。

 紀元前から栄えたアフガニスタンに根付いた高度な文明と芸術性は一見の価値があります。
 
アフロディーテ飾板 1世紀第2四半期

ティリヤ・テペ アフガニスタン国立博物館 
©NMA/Thierry Ollivier

          
 一方暖冬のおかげで早くも飛梅が花を咲かせた太宰府天満宮ですが、一面雪に覆われた境内では、6000本ある梅の木の蕾もこの雪でちょっと一休みといった感じです。

 今年もクルーズ船の中国人旅行者は増える一方で、思いがけない今朝の雪景色に歓声を上げて喜んでいました。
 


ページトップへ