ホームサイトマップ
トピックス
理事長挨拶
財団のあゆみ
組織・財務
顕彰コーナーの紹介
財団アラカルト
お問合わせ
私の名品コーナー
リンク

文字サイズ 大 中 小
ホームトピックス|九博周辺!夏の名残りを惜しみながら芸術の秋へ備える
トピックス
2016年08月30日

九博周辺!夏の名残りを惜しみながら芸術の秋へ備える

         
 一気に秋の気配を深めた太宰府地方は夏の名残りを惜しむかのように最後の賑わいを見せ、周辺の木々は深い緑の輝きを放ち、水面で反射する太陽を背に水中の鯉達は悠然と泳ぎ、修学旅行生達は残暑をものともせず天満宮への祈願に訪れ、参拝客はあとを絶ちません。
 


          
 九博周辺では、ちょっと弱気になってきた入道雲が一時の勢いを失っていますが、その反面早くも構内のモミジの木の葉は色付き始め、秋の訪れを見せてくれています。
 


        
 九博では大好評だった「東山魁夷展」が終わり、10月4日からの「鳥獣戯画展」の準備に入っています。

 館内には博多祇園山笠の飾り山の御神入れも終わり、例年通り飾り山が常設展示され、遠方からの来館者の目を楽しませています。

 4階の常設展示場では、全国の高校生達が自らの手で発掘した地元の文化財を展示して、高校生パワーと知性を見せてくれています。

 残暑凌ぎには九博は最適です。
 


ページトップへ